福山薔薇ラムネ
新し懐かし、ばら風味の紅白ラムネ。
子どもの頃に食べた「ラムネ」の味を思い出してみてください。いい香りがして、甘くって、フワッと溶けて、なんだか嬉しい気持ちになって……。あのラムネを和菓子屋さんが作ったら、何ともめでたい紅白の落雁(らくがん)になりました。福山市のシンボルである「ばら」が咲いたモダンなパッケージを開けると、ピンクとホワイトの可愛いラムネがきちんと並んでいます。ドキドキしながら口に含めば、上品なばらの香りとともに舌の上でスーッと溶けて、あま〜い余韻を残します。「あ、ラムネだ」。新鮮な驚きと一緒に、懐かしい思い出がふんわりと蘇ってくる。子どもの頃の幸せな記憶を届ける、新しい福山土産です。
審査員ポイント
パッケージが可愛く面白い。洗練された商品。
後になればなるほど味が深まる。落雁と思わせてラムネというのは新しく独自性がある。お土産にも良い。
福山市のシンボル「ばら」を和菓子に。
福山といえば、やっぱり「ばら」。毎年5月になると、まちには100万本のばらが咲き誇り、市民が一体となって「ばら祭」を盛り上げます。戦時中、福山市は悲惨な大空襲に見舞われましたが、市民の心に安らぎを取り戻そうと植えられたのが「ばら」の苗木。平和を願う「やさしい気持ち」を多くの人に届けたいと、ばらの和菓子を作り始めました。この「福山薔薇ラムネ」は、福山市出身のデザイナーをはじめ、地元の食用ばら農家さんとコーディネーターを交えて考案した、メイドイン福山の和菓子です。パッケージはもちろん木製の型も、この商品だけのオリジナルです。
その口溶けに、こだわりあり。
落雁(らくがん)を食べたことはありますか? 落雁とは、穀物由来の粉に砂糖などを混ぜて固めた干菓子のことです。お茶菓子として出されることが多いですね。落雁は型をつくる前に一度ふるいにかけてダマを取り除きます。この「福山薔薇ラムネ」は粒子の細かい和三盆と粉糖を使用し、それを更に二度ふるいにかけることで、より滑らかな口溶けを実現しました。舌の上でフワッと溶けて消える感覚を体験してほしいですね。 従来の作り方に比べて手間はかかりますが、「福山薔薇ラムネ」でしか味わえない食感を生み出したかったんです。口の中に広がる上品な甘みと、懐かしいラムネの風味、華やかなばらの香りをお楽しみください。
有限会社 菓匠 福富 取締役専務
澤 卓哉さん
何とめでたい、紅白のばら。
「ばら」と聞いて目に浮かぶのは、やっぱり赤色と白色かなと思ったんです。それで、パッケージもラムネも赤と白の2種類を作りました。「紅白の色でおめでたい」と、結婚式のプチギフトなどにも選んでいただけています。 「福山薔薇ラムネ」を通して、和菓子という日本の伝統文化と、福山市のばらの歴史や文化を感じていただきたい。これからも「日本」と「福山」を伝える和菓子を作り続けていきたいと思っています。

○商品名
福山薔薇ラムネ
○商品情報
福山薔薇ラムネ 1,080円
○事業者名
有限会社 菓匠 福富
○住所
福山市松浜町3-8-36
○定休日
元日
○問い合わせ先
084-991-3380
○Web
http://kashoufukutomi.com
○購入可能場所
福富各店舗(本店、福山東店、天満屋福山店、松永店)