福山で生み出される、創造性あふれる産品・サービスや素材・技術、取組・活動の数々。 その中から特に、今までにはない発想やそれを実現するために技術と情熱を注ぎ込んでいるもの。 伝統や歴史に満足することなく、時代やニーズにマッチするよう進化し続けるもの。 そんな、育ち、変化していく可能性を秘めたものを「福山ブランド」として認定・登録。 「これがほしかった!」と言われるものを追い続け、今を超えていく飽くなき姿勢… 超えていく力がぎっしりつまった「福山ブランド」のこれからに、どうぞご期待ください。

福山市都市ブランド戦略とは

都市そのものの魅力や個別資源の価値を高め、 多くの人に「行ってみたい」「住んでみたい」「住み続けたい」と思わせるような 良質な都市のイメージを発信し、浸透させていくことです。 市民ひとり一人の地域への誇りと愛着を深めることにより、 交流人口や定住人口の増加、地域産業の活性化に結びづけ、 選ばれる都市になることをめざします。
福山市都市ブランド戦略はコチラ(PDF)

福山市都市ブランド戦略推進協議会とは

福山市が2014年3月に策定した「福山市都市ブランド戦略」に基づき福山市の都市ブランド力を高めるための組織です。 産学民と行政の18団体で構成しています。
【協議会構成員】
福山明るいまちづくり協議会 公益社団法人福山観光コンベンション協会 福山市 福山市自治会連合会 社会福祉法人福山市社会福祉協議会 福山市商工会連絡協議会 福山市女性連絡協議会 公益財団法人福山市スポーツ協会 福山市農業協同組合 福山市PTA連合会 福山商工会議所 福山食ブランド創出市民会議 福山市立大学 一般社団法人福山青年会議所 福山大学 福山物産協会 福山文化連盟 連合広島福山地域協議会
福山市都市ブランド戦略推進協議会規約 福山市ブランド審査委員会規約

部門

【産品・サービス部門】
福山市内で商品化された産品又は福山市内で提供されているサービス (概ね3年以内に開発、改良された産品又はサービスで、既に実用化され取引実績があるものに限ります)
【素材・技術部門】
福山市内で生産、製造若しくは加工された素材又は開発された技術 (既に実用化され取引実績があるものに限ります)
【登録活動部門】
①福山の地域資源を活用した地域の活性化や地域の課題解決に向けた取組・活動 ②地域や団体等の特性を生かしたまちづくりの取組・活動 ③福山の魅力を高めるための取組や活動 (専ら営利を目的とするもの、宗教活動、政治宣伝活動、選挙運動などは除きます)

選定基準

【産品・サービス部門】
①創造性(クリエイティブ性) ②地域性・オリジナル性 ③信頼性 ④市場性 ⑤将来性
【素材・技術部門】
①創造性(クリエイティブ性) ②地域性・オリジナル性 ③信頼性 ④市場性 ⑤将来性
【登録活動部門】
①創造性(クリエイティブ性) ②地域性 ③貢献性 ④持続性 ⑤波及性・発展性

認定・登録されると

①福山ブランド認定品・登録活動として、協議会から「福山ブランド認定証・登録証」を交付します。 ②福山ブランド認定品・登録活動として認定・登録マークを使用することができます。 ③協議会が、認定品・登録活動のPR等、各種支援を行います。

第6回認定・登録数

【産品・サービス部門】
29件応募のあった中から4件を認定。
【素材・技術部門】
1件応募のあった中から1件を認定。
【登録活動部門】
15件応募のあった中から3件を登録。

第5回認定・登録数

【産品・サービス部門】
26件応募のあった中から7件を認定。
【素材・技術部門】
5件応募のあった中から2件を認定。
【登録活動部門】
7件応募のあった中から1件を登録。

第4回認定・登録数

【産品・サービス部門】
40件応募のあった中から3件を認定。
【素材・技術部門】
3件応募のあった中から2件を認定。
【登録活動部門】
 11件応募のあった中から2件を登録。

第3回認定・登録数

【産品・サービス部門】
31件応募のあった中から5件を認定。
【素材・技術部門】
5件応募のあった中から1件を認定。
【登録活動部門】
 17件応募のあった中から3件を登録。

第2回認定・登録数

【産品・サービス部門】
44件応募のあった中から7件を認定。
【素材・技術部門】
15件応募のあった中から4件を認定。
【登録活動部門】
16件応募のあった中から2件を登録。

第1回認定・登録数

【認定品部門】
121件応募のあった中から5件を認定。
【登録活動部門】
59件応募のあった中から6件を登録。