塩で食べるハンバーグステーキ
肉の匠が自信と誇りを胸に挑んだ新スタイルのハンバーグ
洋食の定番といえば、デミグラスソースをたっぷりまとったハンバーグですが、そんなイメージを覆す新たなスタイルのハンバーグが誕生。福山で40年以上続く『池口精肉店』が、肉のプロとしての自信と誇りを胸に作り上げた「塩で食べるハンバーグステーキ」です。3種の異なる粗さにカットした国産黒毛和牛と国産豚のミンチを使用し、つなぎをほとんど加えることなく成型したハンバーグは、ナイフを入れた瞬間に肉汁がジュワ〜。ひと口食べれば、その肉々しい食感と濃厚なうま味にビックリ! 焼き立てをそのまま味わってもおいしいけれど、黒毛和牛の甘みを引き立てる塩を少しだけ付けると、うまさが倍増します。たかがハンバーグと侮るなかれ、肉屋の本気に圧倒されるはず。
地域で40年以上愛され続ける精肉店として
1982年の創業以来、地域の皆さまに愛され支えられながら、40年という長い歴史を歩んできました。時代や生活様式が変わっても、小さな精肉店が変わらず存在し続けることができているのは、〝本当においしいお肉〟を求める人々がいてくれるから。確かな目利きで仕入れる肉の質には、絶対的な自信を持っています。 ランクや等級だけで判断するのではなく、実際に目で見て、手で触って肉質と脂質を確かめながら仕入れること。そして、最適なカットや調理法でお客様に提供することこそ、私たち〝池口ブランド〟のこだわりです。
有限会社池口精肉店
代表取締役

池口 章人さん
黒毛和牛本来の香りとうま味をギュッと凝縮
「塩で食べるハンバーグステーキ」は、「肉のうま味をしっかりと感じられる、肉屋ならではのハンバーグを作れないだろうか」との想いから生まれました。何度も試行錯誤を重ねながら、3種の異なる粗さにカットした国産黒毛和牛と国産豚のミンチを使用することで、肉々しさを強く感じられる食感を実現。ナイフを入れた瞬間に肉汁があふれ出るほどジューシーで、黒毛和牛本来の香りやうま味が口の中いっぱいに広がります。柔らかすぎず、硬すぎない、しっかりとした肉感のある噛み応えは、まさに〝ハンバーグステーキ〟と呼ぶにふさわしい仕上がりになりました。
塩で食べることで黒毛和牛のうま味がアップ
材料の配合バランス、混ぜ方や温度管理といった独自の技術によって、つなぎがほとんどない状態で成型。卵や乳成分を使用していないので、アレルギーを持つ人にも安心して味わっていただけます。冷凍庫から取り出したら、凍ったままフライパンで焼き上げるだけなので、レストランクオリティのハンバーグを家庭で気軽に楽しめるのも魅力です。 さらに、このハンバーグの一番のポイントは、ソースがいらないこと。上質な素材を使用しているからこそ、そのまま食べても十分おいしさを感じられます。岩塩などのまろやかな味わいの塩を少し付ければ、肉の上品な香りと濃い甘みがググッとアップ! 肉のプロが本気で作り上げた逸品を、ぜひ一度試してみてください。

○商品名
塩で食べるハンバーグステーキ
○商品情報
塩で食べるハンバーグステーキ(150g) 734円(税込)
○事業者名
有限会社池口精肉店
○住所
広島県福山市新涯町5-31-39
○定休日
水曜日
○問い合わせ先
084-953-9799
○Web
https://ikeguchi-meat.jp/
○購入可能場所
池口精肉店 本店、池口精肉店 福山駅前店、オンラインショップ、ゆめタウン福山 ほか